読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

for

記録

パスタ屋けい第2回 ナポリタン

まずすぎる最悪のナポリタンをつくった。太さは2.2ミリ、量は1.5束(ペペロンチーノと同じ量)、具はソーセージとピーマンとマッシュルーム。

 

・2.2ミリは茹でると爆発的に量が増える。スパゲティーニと同じ感覚で量を取ると後悔する。

・表示時間の1.5倍くらい茹でたのにまだ固い。固いというか、普通のパスタならちょうどいい茹で加減なんだろうけどナポリタンと思って食べると「固ッ」となる。3時間ほど寝かせたけどそれでもまだ固い。次回はもう溶けるくらいまでトコトン茹でてみる。

・具はでかいやつがゴロッと入っていた方がオシャレかなと思って(そういうナポリタンを食べたことがある)大きめに切ったけどこれが失敗で、麺を食べてる最中にピーマンとかソーセージとかがすごい異物感を伴って口の中に入ってくる。ほんとうにウザい。あと火が通りにくい。ソーセージはかなり薄く、ピーマンも輪切りとかにして、マッシュルームもあんまり薄くすると消滅するけどサイズ自体はもっと小さくした方がいい気がした。

・ソーセージは3本入れたけど普通に多すぎるし、小さく切るなら1本でいいかなと思う。よく焼きましょう。

・ピーマンも1本で十分。割としっかり炒めても不味くはならないと思う。

・マッシュルームは今回2個入れて、まあ多すぎるという感じもしなかったから最低1個は入れたい。

・こう、ソースに肉やキノコの旨みが紛れ込んでいるほうがいいかなと思って、まず具を炒めてからそこにケチャップを投入してソース化したけど、これもダメで、具にケチャップが絡み付きすぎてソースというより「ケチャップ味の炒め物に無味のパスタが絡みつく」の図になってしまった。全部をひとつの料理と考えないで、うまい麺とうまい具とうまいソースを別々につくってそれを最後に統合するというイメージでやるとうまくいくかもしれない。

・ソーセージとピーマンがなんか「ただサラダ油で温めました」感しかなかったから、もしあればバターでバターソテーにしたほうがいいかもしれない。マッシュルームも。

・玉ねぎはなくてもいいやと思ったけど実はあったほうが明らかにうまい。

・まず麺を茹でて別皿に取る→ケチャップを炒めて別皿に取る→具をバターソテーにして別皿に取る→ニンニクを温めて、そこにすべて投入する。ってやり方がいいのかもしれない。

・今回はサラダ油をつかったけど、オリーブオイルのほうが個人的には好き。

 

前回のプレーンナポリタンがうまかったから余計にショックだ。明後日くらいにもう一度挑戦したい。